ゴロ暗記-理科中3-イオン|家庭教師のAGENT
家庭教師のAGENT

家庭教師のAGENT-ブログ
対応エリア|山口県/広島県/島根県/岡山県/福岡県/大分県|
家庭教師のAGENTの情報発信。
ちょっとした勉強のコツ、やり方、裏技をご案内します。


イオン式はゴロでまるっと暗記

家庭教師のAGENT
多くの中学3年生が理科で最初に戸惑うのがイオン式です。
水素は\(H^2\)なのにイオンになると\(H^+\)になり、マグネシウムは\(Mg\)なのにイオンになると\(Mg^2\)になってしまうのか・・・。
本来ならば、なぜそうなるのかを追求し本当の意味で理解するべきところですが、イオンの闇はあまりにも深く・・・、中3生が理解するにはあまりにも難解なのです。
そこで、そんなややこしいことは忘れて【+】がつくのか【2+】がつくのかだけをさくっと覚えてしまおうというのが今回のテーマです。

【+】がつくイオンのことを1価の陽イオンと言います。
これらのイオンの覚え方は

『Hな銀、借り1』(えっちなぎん、かりいち)
H、Na、Ag、K(水素、ナトリウム、銀、カリウム)

最後についている1は1価のことです。


【2+】がつくイオンのことを2価の陽イオンと言います。

『マジカルバリ鉄道で会えん2』(まじかるばりてつどうであえんに)
Mg、Ca、Ba、Fe、Cu、Zn(マグネシウム、カルシウム、バリウム、鉄、銅、亜鉛)

最後についている2は2価のことです。

Hな銀ってどんな銀なのか・・・、そしてマジカルバリ鉄道・・・、世界のどこかにこんな鉄道がありそうな気もします。
このように陽イオンだけでもゴロでまるっと覚えてしまうとかなり楽になります。

カリウムとカルシウムを混同しないよう注意は必要ですが。
この他に3価の陽イオンや陰イオンなどありますが、中学では数が少ないためそのまま覚えてしまいましょう!



学年別の家庭教師情報を探す
家庭教師のエージェントでは、小学生、中学生、高校生と様々なコースをご用意しております。

小学生コース 中学生コース 高校生コース
授業料や受講の仕方の情報を探す
受講概要
料金
30秒でわかる!
FREECALL/0120-541-509
  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 受講方法
  • 料金